日刊自動車新聞社自動車業界とともに、89年。

新製品ニュース

一覧を見る

自動車部品・用品

住友ゴム、トラック・バス用タイヤ新製品 ライフ性能2割向上

2017年12月21日

住友ゴム、トラック・バス用タイヤ新製品 ライフ性能2割向上

 住友ゴム工業は19日、トラック・バス(TB)用のオールシーズンタイヤ新製品、ダンロップ「SP680」を2018年2月に発売すると発表した。TB用の新製品は9年ぶり。新材料開発技術「アドバンスド4Dナノデザイン」をトラック・バス用タイヤで初めて採用し、ライフ性能を従来品の「SP670」から20%以上高めている。耐偏摩耗性能も45%向上させるなどしている。
 トラック・バスのユーザーは、長引く厳しい経済環境に対応して、輸送費やランニングコストの見直しを行っている。タイヤに求められる性能も、長持ちや省メンテナンス、安全性の需要が高まっているという。新製品はトレッドパターンで走行時の変形を抑制する「ロック・ブロック」を採用した。また、接地圧を均一化するなどして、ライフ性能と耐偏摩耗性能を高めて、市場ニーズに応える。
 サイズは18サイズを展開する。価格はオープン。

▲ページトップへ